大阪府のホームページ制作の補助金・助成金のまとめ

  | カテゴリ: 助成金

こちらの記事では、大阪府内の各自治体が実施する補助金や助成金で、ホームページ制作に使えるものをまとめました。

大阪も他県と違って、自治体によって実施する補助金や助成金が全く変わってきます。

それらの中で、ここではホームページ制作に使えるものだけに絞ってまとめています。


ここで、もし国が実施している助成金や補助金も欲しいとお考えの方は、この記事の下の方へどうぞ。 


吹田市のホームページ制作助成金: 中小企業ホームページ作成事業補助金


まず吹田市のホームページ制作に使える補助金からご案内していきたいと思います。

ちなみに、こちらの特徴として、登録している制作事業者しか委託費用を認められないことになっています。

しかも、その制作事業者については、市内の事業者でなければいけないということはないという点ですね。

登録している制作事業者のみしか認めないという自治体は他にもありますが、その場合は市内の事業者に限っているものがほとんどです。

市内には、制作事業者の方があまりいらっしゃらないのかもしれませんね。
 

 補助対象者と対象事業


まず対象となるのは、市内に主たる拠点を持つ中小企業ということになっています。

また対象事業として認めれらるのは、ホームページの新規作成ですので、既存のホームページの改修は対象外となります。

さらに、外部委託費ということになっていますので、自作用のソフト代なども対象外ということになります。


 補助金額と補助率


まず補助金額の上限は、5万円となっています。

また、補助率は1/2以内という設定にされています。

金額としては大きいものではありませんが、やはりあると便利なものですね。


最後に、もっと金額が大きいものが欲しいとか、国が実施する補助金や助成金も気になるという方は、この記事の下の方もご覧ください


守口市のホームページ制作助成金:商業振興事業支援補助金


守口市内の商業団体の集客力の向上を図るための補助金ということになります。


 補助対象者と対象事業


上記のような趣旨のものですので、対象となるのは市の商業連盟や商店会、商店街の振興組合などとなります。

その他小売市場も対象となります。

そのため、よくある商店街振興事業よりも幅が広いと言えるのではないでしょうか。


また補助対象事業は5つに分かれていて、

・イベント

・商業祭り

・人材育成

・情報発信

・産学連携

となっています。

ご推察の通り、ホームページ制作は情報発信事業に含まれることになります。


 補助率と補助金額


まず補助率は1/2以内となっています。

また補助金額は、上記の情報発信事業のみで25万となっています。

情報発信という範囲で少し広めではありますが、金額としては少し大きめですね。


最後に、国が実施するものにも興味があるという方や、さらに大きい金額が出るものをお探しの方は、この記事の下の方へどうぞ


忠岡町のホームページ制作助成金:ホームページの新規制作支援


こちらの忠岡町は、面積が3.97㎦と日本で一番小さい町ということです。

大雑把に言って、東西に5㎞、南北に800mといったところですね。

しかし、この狭い町でも、補助金を実施されているというのは本当にありがたい話ですね。 


 補助対象者と対象事業


補助対象となるのは、町内に拠点を持つ法人や個人事業主などとなっています。

こちらがすごいのが、対象者を本社を置いている会社だけでなく、支店などの下位組織でも対象になりうるということです。 

本社を置いている会社でないと出さないという自治体が多いので、このご判断は素晴らしいなと思います。


また補助対象となる事業は、ホームページの新規作成、既存ホームページの改修の両方です。

ただし、自作は対象外となっているので、外部事業者に委託された場合のみということになりますね。


 補助金額と補助率


補助率は1/2以内となっています。

また上限金額は5万円という設定です。 

多くはない金額ですが、本当にありがたいものですね。 



最後に、
国が実施する補助金や助成金も欲しいという方や、もっと金額が大きいものも気になるという方は、この記事の下の方へどうぞ


大阪府内でホームページ制作向けの補助金や助成金がない自治体


ここまで、大阪府内でホームページ制作に使える補助金や助成金を実施している自治体をご紹介してきました。

念のため、実施していない自治体もまとめておきたいと思います。


    町村
       
  大阪市 堺市 河南町
  池田市 和泉市 熊取町
  泉大津市 泉佐野市 島本町
  茨木市 大阪狭山市 太子町
  貝塚市 柏原市 田尻町
  交野市 門真市 豊能町
  河内長野市 四条畷市 能勢町
  摂津市 泉南市 千早赤阪村
  大東市 高石市  
  高槻市 富田林市  
  寝屋川市 羽曳野市  
  阪南市 東大阪市  
  枚方市 藤井寺市  
  松原市 箕面市  
  守口市 八尾市  

以上市、町村ごとにそれぞれ50音順にまとめています。


大阪でホームページ制作で補助金や助成金が少ない理由


関東圏の自治体などと比べると、大阪府内ではホームページ制作に補助金や助成金が実施されている数は明らかに少なくなっています。

また、愛知県のように、ホームページ以外の販路拡大支援策も少ないようです。

つまり、産業振興策の実施数自体が少ないということになります。

全国有数の産業集積地帯ではありますが、要は優先順位が低いということだと思います。


その理由ははっきりしませんが、推測すると以下のようなものかと考えています。

まずは府内に振興策を採っている自治体が少ないという点です。

同じ府内に振興策を採っているところが多いとウチもやらないととなる確率は上がります。

しかし、逆に振興策を採っていることろが少ないなら、別にやらなくてもとなりがちですね。


次が、産業振興よりも公平性などの方を重視しているという点です。

これはインフラなどへの投資を優先し、公平性を優先しているということになるのかもしれません。

産業振興であれば、事業者に各種の支援を行ない、事業者が成長した後で、税金をたくさん納めてもらうという合理性もあります。

それによって、雇用が守られるということもあります。

しかし、支援を実施している時点だけで見れば、公平でないという点もあるかもしれません。

それを避けているのかもしれないと推測しています。


とはいえ、事業者の方としては、何らかの支援策があれば使いたいとお考えになるのは当然ではないでしょうか


国が実施する各種の助成金


そこでオススメなのが、国が実施している補助金や助成金です。

その中でも、雇用保険を原資とした助成金は特にオススメです。

補助金と比べても、一定の要件を満たせばほぼ100%支給されますし、金額も数百万出ることも多いためです


ただ、雇用保険を原資としていることもあって、雇用保険を払っている必要があります。

あとは、各助成金ごとに何点か条件があったりします。



とはいえ、もともと払っていらっしゃるものを原資としている訳ですから、受給を受けるのに後ろめたく感じられる必要はないかと思います

少し気になるかなということでしたら、詳しくは下記からどうぞ。


助成金を数百万受け取り、事業に活かす方法

画像がみつかりません。

最新記事

お知らせ

 

 当サイトからメールマガジンにご登録頂きますと、使いでのある補助金や助成金をご紹介して参ります。

 無料となっておりますので、ご興味ございましたらお気軽にご登録くださいませ。



ご挨拶とご紹介

代表取締役 馬場潤


ご挨拶

 このたびは弊社サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

 当サイトをご覧頂いたということは資金繰りを良くするために、何か使える補助金や助成金がないかと探されていたのではないかと思います。

 実際昨今の人手不足の進行で人件費負担が過大になりつつあるのに、一方で売上が思うように伸びていかないと悩まれている会社様も増えています。そのような状況であればこそ、補助金や助成金を活用できないものかとお考えになるのは至極当然のことです。


 現在の日本の黒字企業の純利益は平均で1.8%ですので、仮に90万円の補助金を受給できれば売上を5千万円上げたのと同等の効果を出せたとみなすこともできます。売上を5千万上げていく労力を考えれば、補助金や助成金を使わない手はありません。

 

 私どもでは、補助金や助成金を活用して売上を上げて頂くべく、補助金や助成金を適宜ご紹介するメルマガも無料で購読して頂けるようにしております。また受給して頂ける補助金や助成金の金額の無料診断も実施しております。
 お気軽にご利用頂ければと存じます。


代表紹介

 滋賀県東近江市出身。

 横浜国立大学卒業。

 大学入学時には、新聞奨学生として1年間住込みとして働きながら通学。そして翌年からは家賃17000円のアパートに引っ越すなどして、授業料を含めて仕送りなしで通す。

 その後ソフトバンクBBで勤務開始し、インターネットの活用方法などをお伝えしていく業務に従事。インターネットの爆発的な普及期からの利用方法の変化もつぶさに観察。ちなみに、初期に一番反応が良かったのは「路線検索」の便利さ。

 ソフトバンクBBを退職・独立後に開発した商品は、NHKや朝日放送、日刊工業新聞や日経流通新聞などのメディアでも採り上げられる。とはいえ、その後の販売には苦労し、良いものなら売れるという訳ではないと痛感。

しかし、この間培ったマーケティングを駆使しつつ、補助金や助成金を活用してお店の売上向上をサポート。

会社情報

電話番号

050-5240-4136

所在地

〒240-0006

横浜市保土ヶ谷区星川1‐24‐38

相模鉄道星川駅徒歩8分

営業案内


月:9:00〜18:00

火:9:00〜18:00
水:9:00〜18:00
木:9:00〜18:00
金:9:00〜18:00
土:お休み
日:お休み  

個別紹介