京都府のホームページ制作の補助金・助成金のまとめ

  | カテゴリ: 助成金

 

こちらの記事では、京都府内の各自治体が実施する補助金や助成金で、ホームページ制作に使えるものをまとめました。

京都も他府県と違って、自治体によって実施する補助金や助成金が全く変わってきます。

京都府内でホームページ制作に使える補助金や助成金は非常に少ないのですが。。。

それらの中で、ここではホームページ制作に使えるものだけに絞ってまとめています。


ここで、もし国が実施している助成金や補助金も欲しいとお考えの方は、この記事の下の方へどうぞ。 



舞鶴市のホームページ制作助成金:舞鶴市販路開拓事業補助金


まず舞鶴市のホームページ制作に使える補助金からご案内していきたいと思います。

こちらは市内の事業者の海外や国内での販路の開拓を目指すものです。

補助金の名前そのものですね(笑) 


 補助対象者と補助事業


補助対象者として、市内の個人・法人が対象になるというのはよくあるものです。

ただこちらの場合、商工会に限らず、これら個人や法人の団体も対象になるということで、若干幅が広いということになるかと思います。

また、 農林漁業者も対象に含まれるというのは珍しいかもしれません。

農林漁業者の場合、農協や漁協にそのまま生産物を卸すだけという方が少なくなく、自分で販売する方は少ないためです。



そして、対象となる商品は自社の製品に限定していますが、販路開拓事業が対象となっています。

具体的には、展示会の出展費用やその他費用として、チラシ作製費用やホームページ制作費用が対象とされています。


 補助金額と補助率


まず補助金額は上限が30万とされています。

また補助率は1/2となっています。

ただ珍しいのは、1事業者につき年度内で2度交付を受けることができるという点です。

通常は年度内1回限りですし、下手をすれば同じ補助金を過去に受給したことがあった場合にはもう受給できなくなってしまいます。

しかし、こちらの場合は同年度内で2回も受給できるということになっています。

これは本当にありがたいですね。


最後に、国が実施する補助金や助成金も欲しいという方や、もっと金額が出るものが気になるという方はこの記事の下の方へどうぞ
 


京都府内でホームページ制作向けの補助金や助成金がない自治体 


それでは、京都府内でホームページ制作に使える補助金や助成金を実施ていない自治体をまとめておきます。

政令指定都市の京都市以下は50音順で並べていきます。


  市部 町村部
     
  京都市 井出町
  綾部市 伊根町
  宇治市 宇治田原町
  亀岡市 大山崎町
  木津川市 笠置町
  京田辺市 京丹波町
  京丹後市 久御山町
  城陽市 精華町
  長岡京市 与謝野町
  南丹市 和束町
  宮津市 南山城村
  向日市  
  八幡市  

 

ホームページ制作に使える補助金や助成金を実施する自治体が少ない理由


ある意味身も蓋もない話ではありますが、まず一つ挙げておきたいのは京都府自体は実は自治体が少ないということがあります。


北海道は別としても、例えば埼玉県が県内の自治体が63、千葉県や愛知県で54ですが、京都府は26です。

私も今回調べてみるまで、全く知りませんでしたが(笑)


あと府内の主要産業が観光業であり、
各事業者にとってホームページを持つのは当然すぎるということがあるのかもしれません。

府の人口約260万人のうち、人口数1位で148万人の京都市、同じく人口数2位で18万人の宇治市は、共に歴史的建造物が多く、観光を主産業としています。

遠隔地からお客様に来てもらうのにホームページが最適な訳ですが、そうであればこそ各事業者の方々はこぞってホームページを持ちます。

そんな中でホームページに使える補助金や助成金を実施すると、資金がいくらあっても足りないということになってしまいます。

逆に資金を絞れば、不公平感が増しますね。

そうであれば、やらない方がましということになっているのかもしれません。


実際、ホームページ制作以外の販売促進策・産業振興策として、展示会の出展に対する補助金を出している自治体は少なくありませんからね。


しかし、各自治体で仮にそういった優先順位の付け方があったとしても、ホームページを作る上で公的支援を受けられるなら、それはそれでありがたいことではないでしょうか


国が実施する補助金や助成金


そこで、オススメなのが国が実施する助成金や補助金です。

これなら、各自治体が考える政策と関係なく利用することが可能です。

特に、厚生労働省が管轄する助成金の方がさらにオススメです。

なぜかと言いますと、国の補助金の場合、申請期間が限られていることが多いということや、予算も限られていることが多いためです。



たとえば、ホームページ制作でよく言われる小規模事業者接続化補助金についていえば、申請期間が1年のうちの3カ月ほどだったりします。

しかも予算が限られているため、審査が入ります。

結果として実際に交付を受けることができるのは1割にも満たないと言われています。


一方助成金の場合は、通年で申請できますし、要件を満たせばほぼ支給されます。

そのため、申請手続きがムダになるということも極めて少ないのです。


とはいえ、最低限の条件として、従業員の雇用保険を半年以上払って頂いている必要はあります。

また直近の半年間で会社都合で従業員を解雇していないということも必要とされます。

あとは各助成金ごとに個別の条件があったりもしますが、あくまで可視化されていますので、対応はしやすくなっています。


今なら助成金の受給を受けて頂けるかどうか、また受けられるならいくら受給できるかの無料診断を承っております

実際私どもでお受けした方の中では、製造業や飲食業などで数百万受給されている場合もあります


ご興味あるかなという方はこちらへどうぞ。

国の助成金を受給する方法 

画像がみつかりません。

最新記事

お知らせ

 

 当サイトからメールマガジンにご登録頂きますと、使いでのある補助金や助成金をご紹介して参ります。

 無料となっておりますので、ご興味ございましたらお気軽にご登録くださいませ。



ご挨拶とご紹介

代表取締役 馬場潤


ご挨拶

 このたびは弊社サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

 当サイトをご覧頂いたということは資金繰りを良くするために、何か使える補助金や助成金がないかと探されていたのではないかと思います。

 実際昨今の人手不足の進行で人件費負担が過大になりつつあるのに、一方で売上が思うように伸びていかないと悩まれている会社様も増えています。そのような状況であればこそ、補助金や助成金を活用できないものかとお考えになるのは至極当然のことです。


 現在の日本の黒字企業の純利益は平均で1.8%ですので、仮に90万円の補助金を受給できれば売上を5千万円上げたのと同等の効果を出せたとみなすこともできます。売上を5千万上げていく労力を考えれば、補助金や助成金を使わない手はありません。

 

 私どもでは、補助金や助成金を活用して売上を上げて頂くべく、補助金や助成金を適宜ご紹介するメルマガも無料で購読して頂けるようにしております。また受給して頂ける補助金や助成金の金額の無料診断も実施しております。
 お気軽にご利用頂ければと存じます。


代表紹介

 滋賀県東近江市出身。

 横浜国立大学卒業。

 大学入学時には、新聞奨学生として1年間住込みとして働きながら通学。そして翌年からは家賃17000円のアパートに引っ越すなどして、授業料を含めて仕送りなしで通す。

 その後ソフトバンクBBで勤務開始し、インターネットの活用方法などをお伝えしていく業務に従事。インターネットの爆発的な普及期からの利用方法の変化もつぶさに観察。ちなみに、初期に一番反応が良かったのは「路線検索」の便利さ。

 ソフトバンクBBを退職・独立後に開発した商品は、NHKや朝日放送、日刊工業新聞や日経流通新聞などのメディアでも採り上げられる。とはいえ、その後の販売には苦労し、良いものなら売れるという訳ではないと痛感。

しかし、この間培ったマーケティングを駆使しつつ、補助金や助成金を活用してお店の売上向上をサポート。

会社情報

電話番号

050-5240-4136

所在地

〒240-0006

横浜市保土ヶ谷区星川1‐24‐38

相模鉄道星川駅徒歩8分

営業案内


月:9:00〜18:00

火:9:00〜18:00
水:9:00〜18:00
木:9:00〜18:00
金:9:00〜18:00
土:お休み
日:お休み  

個別紹介